メニュー
鴻巣びっくりひな祭り
ひな飾りと5角すい型ひな壇 ピラミッドひな壇
  • イベントスケジュール
  • 記念品を贈呈!!スタンプラリー
  • 土・日曜運行!!無料シャトルバス
鴻巣びっくりひな祭り2016ポスター
2016年度ポスター(PDF:1.8MB)

鴻巣びっくりひな祭り2017

 鴻巣市の「人形製作」は約380年の歴史があるといわれ、鴻巣の貴重な地場産業として現在に伝えられています。
 「鴻巣びっくりひな祭り2017」は、歴史ある鴻巣雛のまちとして「ひな人形のふるさと~鴻巣~」を広く宣伝すること、すべての市民でひな祭りを楽しむこと、市外から多くの観光客をお迎えし、まちを明るく元気にすることを目的としています。
 13回目の開催となる今回は、全国的にも有名となった“ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇”(31段高さ7m)を中心に、公共施設や商店等の協力によるまちかどへのひな飾り「まちかどひなめぐり」を実施します。そして今回新たに「コスモスふきあげ館」へひな壇を設置。コスモスアリーナふきあげの八角すい型ひな壇、鴻巣雛など貴重な史料を展示する「ひなの里」のほか、「花久の里」での鴻巣特産の花とのコラボレーションによる六角すいのひな壇(17段高さ4m)展示、3面ピラミッド型ひな壇による「パンジーハウス」など、「ひな人形と花のまちこうのす」を広く市内外に宣伝します。なお、今年度も、当事業を通じて、東日本大震災の被災地の方々を支援します。

「鴻巣びっくりひな祭り2017」ひな人形募集要項

 鴻巣びっくりひな祭り実行委員会では、家庭で飾る機会の少なくなったひな人形を募集しますので、提供していただける方はご連絡ください。
なお、提供していただいたひな人形は、当実行委員会にて保管し、お役目を終えたときは供養をします。

 

電話申込受付期間/ 平成29年1月12日(木)~1月22日(日)9時~16時 ※18日水曜休館
お電話がつながりにくい場合もありますのでご了承ください。
※電話申込をされた方に、詳細についてお知らせのお手紙を発送します。
募集件数/ 250件(電話申込の先着順)
※募集件数に達した時点で電話受付を終了。不足の場合は受付期間を延長する。
募集内容/ ひな人形のみ(親王、三人官女、五人囃子、随身、仕丁)
※ひな壇、お道具、ガラスケースなどは不可。また、展示予定にない藤娘、フランス人形、五月人形などについても不可。
参加協賛金/ 5,000円(事業費の一部とさせていただきます。)
  • 持ち込みの方は、ひなの里で受付します。
  • 郵送の方は、お手紙にてお振込みのご案内をいたします。
搬入方法/ 平成29年2月9日(木)~12日(日)10時~16時の間に産業観光館「ひなの里」へ自己搬入または郵送(送料は提供者負担)
宛先・問合せ/ 〒365-0037 埼玉県鴻巣市人形1-4-20 鴻巣市産業観光館「ひなの里」内
鴻巣びっくりひな祭り実行委員会 電話 048-540-3333

メイン会場217日(金)~312日(日)※最終日は15時まで

メイン会場

エルミこうのすショッピングモール

1階セントラルコート
(鴻巣市本町1-1-2、駐車場:700台)

日本一高いピラミッドひな壇の展示 10時~21時

 

サテライト会場217日(金)~311日(土)9~17時

コスモスアリーナふきあげ

コスモスアリーナふきあげ

(鴻巣市明用636-1、駐車場:300台)

八角錐ひな壇の展示 ※火曜日休館

 

花と音楽の館かわさと「花久の里」

花と音楽の館かわさと「花久の里」

(鴻巣市関新田343、駐車場:122台)

花と人形で飾られた六角錐ひな壇とつるし雛展示

 

農産物直売所「パンジーハウス」

農産物直売所「パンジーハウス」

(鴻巣市寺谷167-1、駐車場:100台)

三面ピラミッドひな壇と花で飾られた等身大ひな人形の展示

 

産業観光館「ひなの里」

産業観光館「ひなの里」

(鴻巣市人形1-4-20、駐車場:30台)

明治期築造の蔵での一番親王飾りと鴻巣雛の歴史展示

 

コスモスふきあげ館

(鴻巣市吹上富士見1-1-1)

五角錐ひな壇の展示(仮)

 

*各会場とも入場は終了時間の30分前まで

各会場へのアクセスはこちらをご覧下さい。

鴻巣駅周辺駐車場マップ

お車でお越しになる方は、必ずご確認ください。
鴻巣駅周辺駐車場マップ(PDF:842KB)

  • ひな人形と花のまち 鴻巣市観光協会
  • 鴻巣市産業観光館 ひなの里
  • 花と音楽の館かわさと 花久の里